2015年9月6日日曜日

逃げるわけには行かん、辞めるわけにも行かんもんねえ

鉄くず価格が、一週間のうちに下落下落と来ていて、薄物いわゆる2級くずとか言うものの値段がゼロに近づいている、辞めて転業するも良し、違うものを集めるも良し何にも誰にも何の法的なしばりもないよねえ、在るのは、従業員の皆さんに顔が立たないとか、かっこ悪いとか、まあそういう、道徳と言うか、人情と言うか、そういう面だよねえ

田舎で、町の制度とかに乗って、農業を始めるも良し、どうって事無いよねえ

しかし簡単に変化できないのが人間の良いところで、じゃあどうすれば良いかというと、逆にお金をもらって続けると言うことだと思う、今まで、トン当たり¥10.000在って、経営が成り立っていたすれば、不足分をお客さんから、貰うと言う事になろう、お客さんにきちんと説明し、価格が上がれば、かかるお金を減らし、トン/¥10.000くらいまで戻せば、そのつどそういう対応をすれば良いということだと思う

そう簡単に言ってもねえと言う人もいるのだろうが、一人の個人事業、零細企業だろうが、100人の中小企業も同じことだ

何の因果か知らないが、今ついている、金属くず屋スクラップ屋、雑品屋言い方はいろいろですが、簡単に退く(しりぞく)わけには行かないよねえ

みんなトラックで、現物を毎日、1トン2トンとか、扱って腰は痛いし、足は痛いし、手も痛いしねえ簡単に諦められないよねえ

困ってない人は、良いけど、真剣に悩んでいる人は、これを読んで少しでも元気出してくださいよ


価格下げてますが、銅くず、電気の線くず、水道蛇口の真ちゅうくず、ガスのメーター、アルミホイール、ステンレスくず等々ありましたら売ってくださいねえ!!!

TEL011-676-6264 
札幌金属くず商雑品屋のシンタニです