2016年4月5日火曜日

袖すりあうも他生の縁

若い時、男はつらいよ、車寅次郎のビデオを見て、無欲でお人好しで粋で鯔背(いなせ)な男、侠に憧れた、寅さんは、テキヤでいわゆる露天商だが、今の社会ではあまり良いイメージではない、それどころか、暴力団呼ばわりだ、その辺についていろいろな意見はあると思うが、それはそれで良しという感じ、思い出せば狸小路の映画館で、お正月大爆笑だった時を思い出す、まあ歳を取ったと言う事なんだろうが、

世の中変わり、時は流れ、時代は変わるが、どうなんだろうか、俺が子供のころは、札幌の街のあちこちに靴磨きのおばさんがいて、夜には、焼き芋、ラーメン等の屋台がいて、駅前にはパチンコ屋、五番館、薄野には、屋台団地、狸小路のパチンコ屋の前にはチンドン屋、狸小路1丁目には作業服屋さんが沢山あった思い出がある、琴似はピンサロの呼び込みだらけで、半被着た呼び込みが17.8の俺を社長社長と言い俺には面白い時代だった、小樽駅にはおでん屋があり、朝から酒を飲む親父が、たくさんいて、小樽はあのころ大都会だった、ケンタッキーがあり、売春のおばさんがいた、世の中すっかり変わり、鉄道はさびれ、駅の立ち食いそばは減りしかしあの頃が俺には合っていた気がする

免許を取りトラックの運転手になり、道内あちこちに行った、夕張、上砂川、三笠、歌志内、空知には、まだ炭鉱があり、山の中に町があった、駅前には必ず、旅館、食堂、パチンコ屋、喫茶店、すし屋があり、賑やかな時代であった、友人知人が、病死したりそんな歳になった、生きてることに感謝し頑張るだけだ、ふとそういう気持ちになった

下げてばかりですが、銅くず、電気の線くず、水道蛇口の真ちゅうくず、ガスのメーター、アルミホイール、ステンレスくず等々ありましたら売ってくださいねえ!!!

TEL011-676-6264 
札幌金属くず商雑品屋のシンタニです