2014年3月9日日曜日

一級何とか士取ったほうが良いよ

銭湯で、知らないおじさんに話しかけられて、最初は、寒いねえとか、そんな話しだったのだが、だんだん話しているうちに仕事無いもねえと言う、そうですか、俺の周りでは、大工さんが居ないとか運転手が居ないとか、皆人いなくて、困ってますよというと

いやあ、俺も屋根の板金屋で働いていたんだけど、60過ぎたら、仕事無いわという、俺60なんだけどさあという、でも屋根の板金の職人さんなら、なんぼでも仕事あるんじゃないですか、というと

いや俺ほら1級持ってないのさ、建築何とかの、だからだめさねえと言う、もうなんだか、面倒くさくなってきて、そうなんですかあと言うとお兄さんはどんな仕事?というから、俺雑品屋なんですよというとお兄さんも取っといたほうが良いよ、一級!!!はあ!?!?と俺、何の一級ですかというとそのおじさんは、ねえほんと無いわ

仕事、そういって着替えて、じゃあお疲れさんと言って出て行った、俺はなんだか、よく分からなかったが、あのおじさんは、違う理由で仕事が無いんじゃないかと思った、まあこういう嚙み合わない会話と言うのは、良くあることなので、気にはならないのだが、まあ俺には一級何とか士はいらんよねえ、玉かけとか、小型移動式クレーンとかは取ったけどさあ